2020年2月14日 国産ジビエ認証施設-第12号-東広島市有害獣処理加工施設

国産ジビエ認証制度に係る認証機関「ジビエラボラトリー株式会社」により、国産ジビエ認証施設(第12号)として、東広島ジビエセンター(株)が運営する食肉処理施設「東広島市有害獣処理加工施設」(広島県東広島市)が認証されました。

1.経緯

農林水産省では、衛生管理基準及びカットチャートによる流通規格の遵守、適切なラベル表示によるトレーサビリティの確保等に適切に取り組む食肉処理施設の認証を行う「国産ジビエ認証制
度」(以下「制度」という。)を平成30年5月18日に制定し、より安全なジビエの提供と消費者のジビエに対する安心の確保を図る制度の運用を行ってきたところです。

栄肉栄肉ベーコン東広島ジビエセンターこの度、国産ジビエ認証委員会により登録された認証機関(ジビエラボラトリー株式会社)にお
いて、認証申請のあった「東広島ジビエセンター株式会社」が運営する食肉処理施設「東広島市有害獣処理加工施設」の審査が行われた結果、制度に規定する全ての要件を満たすと認められたため、
2020年2月14日付けで「国産ジビエ認証施設
(第12号)」の食肉処理施設に認証されました。

 

2.国産ジビエ認証施設(第12号)の概要

施設名:東広島市有害獣処理加工施設(所在地:広島県東広島市)
事業者名:東広島ジビエセンター株式会社
代表者名:和泉川健太郎(いずみかわけんたろう)
取扱獣種:ニホンジカ及びイノシシ
年間処理頭数:146頭(ニホンジカ92頭、イノシシ54頭)(令和元年度)
従事者数:5名(うちパート2名)
主な販路:商社で全量買い取り後、首都圏の小売店や各レストランに流通
      地域におけるジビエ普及のため、
      東広島市内の飲食店への販路拡大に向けて取組中。

【特徴的な取組】
●捕獲者から個体の引取り依頼を受けると、同センターに常駐する熟練した専任の
  従業員 が概ね30分以内に捕獲現場に出向き、迅速に止め刺し・放血を実施の上、
  同センターに速やか に搬入することにより良質なジビエを確保。
●食肉専門店と提携し、安全・安心で美味しいソーセージやベーコン等の商品開発に
  取り組む。
●地域資源としてジビエを活用し、東広島市の地域活性化に貢献する高品質ブランド
 「栄肉」の確立を目指す。

 

(参考)
ジビエ利用拡大コーナー
https://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/index.html
平成30年5月18日付けプレスリリース「「国産ジビエ認証制度」の制定について」
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/180518.html
<添付資料>
国産ジビエ認証施設(第12号)「東広島市有害獣処理加工施設」の概要
資料ー1

【認証に関するお問合せ先】
ジビエラボラトリー株式会社
担当者 : 土谷 典子
TEL    : 082-942-6571
FAX  :   082-553-0501
Mail     :   info@gibierlabo.com

 
【国産ジビエ認証制度に関するお問合せ先】
農林水産省 農村振興局農村政策部鳥獣対策・農村環境課 鳥獣対策室
担当者:原、佐藤
代表:03-3502-8111(内線5491)
ダイヤルイン:03-6744-2196
FAX:03-3502-7587